FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神保町駅: 三田線⇔半蔵門線

神保町駅で三田線⇔半蔵門線にエレベーター利用のみで乗り換えする方法です。

本当は南北線から半蔵門線に乗り換えたい!
が、半蔵門線はバリアフリーに対応していない駅が多過ぎで、
毎回駅員呼び出しという面倒なことになるので、
ちょっぴり電車賃は高くつきますが、三田線利用で乗り換える方法を紹介します。

都営地下鉄神保町駅は三田線と新宿線が乗り入れていますが、
新宿線のホームを経由して半蔵門線に乗り換えます。

まず三田線から新宿線の新宿方面のホームへ。
三田線ホームからエレベーターで新宿線のホームへの連絡通路へ。
半蔵門線乗り換え、とかかれている改札は無視して、
そのままスロープを利用して新宿線の新宿行きホームに移動します。

新宿線ホームに移動したら、ひたすら新宿方面に向かって移動。
そうするとホームの端にエレベーターがあります。
これを利用して改札階へ。

改札階に移動したら改札を通って半蔵門線へ。
半蔵門線改札内にはエレベーターが設置されているので、
どちら方面へのホームにもエレベーターを利用して移動できます。

三田線が利用できる場合は、神保町駅で半蔵門線に乗り換えるのも手かも知れません。

赤ちゃんとのお出かけ、応援します!!

ブログランキングに参加しています!
役に立った!と思ったらポチっと♪


スポンサーサイト

東京駅: 丸の内線⇔JR東海道線

東京駅で丸の内線⇔JR東海道線にエレベーター利用で乗り換えする方法です。

実家に向かうためJR東京駅へ。
丸の内線東京駅からJR東京駅は地下で繋がってるので楽チン。

丸の内線のホームから改札階まではエレベーターで移動。
改札を出たらJR地下中央口へ。通路がありますがほぼ目の前です。

ベビーカーが通れる改札は駅員がいる改札近く。
さりげなく幅が広くなっているので、通り過ぎないように。

改札を抜けたらグランスタ(GRANSTA)に向かいます。
グランスタの誘惑に後ろ髪を引かれながらまっすぐ歩くと、
右手にエレベーターがあります。
このエレベーター、休日はベビーカーで混むので、
時間に余裕を持って行動したほうが良いです。

このエレベーター、東海道線ホーム(9、10)まで直通です。
ただし、東海道線ホームは7、8もあり、そちらのホームを利用したい場合は1Fで乗り換えが必要。
かめるーんは面倒臭がりなので、このエレベーターで9、10まで行き、
停車している電車に乗り込み、出発をのんびり待ちます。

ベビーカー押してるときはそのくらいの余裕があったほうがいいですね♪

赤ちゃんとのお出かけ、応援します!!
ブログランキングに参加しています!
役に立った!と思ったらポチっと♪


永田町駅: 南北線⇔半蔵門線

永田町駅で南北線⇔半蔵門線にベビーカーで乗り換えする方法です。

半蔵門線で表参道に向かおうと思いチャレンジ。
南北線のホームから半蔵門線に移動するための通路まではエレベーターがあります。
が、通路から半蔵門線に下りるエレベーターが。。。ないっ!!

半蔵門線に下るためのエスカレーターはあるのですが、
これが超長い。
えいやっと乗り込むにはかなり勇気のある高低差。

駅に電話して確認してみたら、
半蔵門線ホームにはエレベーターがないので、他にルートはないとのこと。
お手伝いをお願いしました。

電話番号を知っていたから良いけど、知らない場合はどうしたら良いですか?
と聞いたところ、
「売店にお願いして連絡してもらって下さい。」
とのこと。

うーん、まぁ、いいけど、やっぱり手間だなぁ。。。
というわけで、永田町乗り換えはオススメ出来ません。

ブログランキングに参加しています!
役に立った!と思ったらポチっと♪


春日駅: 大江戸線⇔三田線(目黒方面)

春日駅で大江戸線⇔三田線(目黒方面)にエレベーター利用のみで乗り換えする方法です。

都庁に行く用があり、三田線目黒方面の改札から大江戸線乗り換えを試してみました。

駅ホームにエレベーターがない時点で覚悟はしましたが、
案の定、人の手を借りないと駄目な乗り換えです
が、駅員さんはとても快くサポートしてくださいました♪

駅ホームに駅員さんがいる窓口があるので、そこで駅員さんに
「大江戸線に乗り換えたいのですが」
と申し出ると、駅員さんがベビーカーを運んでくださいます。

ただし、王子は自分で抱えて降りないといけないので、抱っこ紐必須。
エスカレーターはありますが、節電のために止まっていることもありますからね。
万全を期してください。

参照:都営線春日駅リンク
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/stations/kasuga/e07.html

ブログランキングに参加しています!
役に立った!と思ったらポチっと♪


表参道ヒルズ情報

表参道ヒルズの授乳室情報:

B1FとB2F(キッズの森内)の2箇所にあります。断然B2Fがお勧め。

B1F:
総評:建物を作った際にとりあえず作った感じの授乳室。鍵のかかる部屋はベビーカーと一緒に入るのに十分の広さだが、薄暗く、無機質な感じで、トイレで授乳している感じ。閉所恐怖症の人には耐えられないかも。
そもそも一部屋しかないというところが駄目でしょ。

 ベビーカー : 一緒に入れる
 パパ    : 入室可

 おむつ交換台: あり(折りたたみ式)
 おむつゴミ箱: あり
 授乳用個室 : あり(すべてが鍵のかかる部屋に収まっている感じ)
 授乳用椅子 : 肘掛あり
 手洗いシンク: あり

B2F(おススメ!!)
総評:キッズの森のオープンと共に出来た新しいベビールーム。明るくかわいらしい内装で、ゆったりとした気分で授乳できます。一部屋(入って左)は椅子が2つあり、ママ友と一緒に授乳できる(笑、でも混んでいるときはありがたい)
そんな授乳室なので人気もあり、授乳室待ちが必要な場合も。余裕をもっていくことをお勧めします。

 ベビーカー : 一緒に入れる
 パパ    : 入室可

 おむつ交換台: あり(ベッド)
 おむつゴミ箱: あり
 授乳用個室 : あり(2部屋)
 授乳用椅子 : 肘掛あり
 手洗いシンク: あり

 詳細はこちら:
 http://www.omotesandohills.com/kids-no-mori/index.html

どうでもいいことかもしれませんが、授乳室内に鏡があるところって、
「わかってるなー」
って思います。
王子が泣いたときにも使えるし(大抵の赤ちゃんは鏡が好きですよね?)、
授乳後の身だしなみを整えられるし。
こういう細やかな気配りのできる授乳室が増えてほしいですね。

授乳後は表参道ヒルズ内探索。
ベビーカーでないときは、らせん状の廊下が「なんじゃこりゃー」という感じでしたが、
ベビーカーを押してみると、いちいちエレベーターに乗らずにすべての階を回ることができたので
結構便利だと思いました。

ただ全般的にショップはお高め。
ショップによってはベビーカーで入るのが緊張するくらい狭かったりするので
(お皿を扱っているお店は緊張しますよね)
そこはもうちょっと考えてもらえたらありがたいと思います。

飲食店はざっと見た感じ、ベビーカー乗り入れ可能です。
私はDEL REYでお茶をしました。
入り口にちょっと段差があるけど、テーブル席に横付けさせてもらえました。
(平日の空いている時間です)

ベビーカー乗り入れはしたことがありませんが、
以前利用した感じでは、トラヤカフェも問題なく入れると思います。

ちなみに、表参道ヒルズではKATOJIのベビーカーの貸し出し(無料)もあるようです。
そして何より驚いたのが、ベビーカーパーキング。
ロックがあり、ベビーカーを預けることが出来ます。
歩けるお子さんならいいかもしれませんね。
表参道ヒルズベビーカーパーキング

ブログランキングに参加しています!
役に立った!と思ったらポチっと♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。